サラフェで就職試験を突破

近年では、応募者同士をチームワケして一つの課題を与え、集団でその課題に取り組む様子を評価し採用者を決めるという会社もあります。

定型の面接や、筆記試験では見極めることが困難だった、コミュニケーション能力や、プレゼンテーション能力を見るための試験であるといえます。多くの場合、グループ討議をする時には、企業に関係する命題が課題になることがよくあるので、情報収集をしておく意味があります。提示された問題を深く掘り下げることができるようにするには、事前にその企業についてや、企業を取り巻く問題について理解しておくことが大事です。面接による試験の場合には数をこなせば慣れてくるものですが、学生によっては実力はありながら極度のあがり症で大切な場面になると顔汗をダラダラかいて止まらなくなる人もいます。多汗症でも顔汗をかかなければ面接も軽々クリアーできたかもしれません。そんな時は多汗症で顔汗かく人は事前に顔汗対策として顔用制汗ジェルサラフェを顔に塗っておくだけで顔汗を止めることができるんです。

多汗症 顔